スラックスに付いてしまったコーヒーのシミ

今回のシミ抜き事例は、スラックスに付いてしまったコーヒーのシミです。

車から降りるときに手元が滑ってコーヒーをこぼしてしまったとの事です。慌ててお持ちいただきました。

なかなか家庭で洗っても落ちないシミの1つですね。ですが、今回ありがたかったのは「付いてすぐ」という事と「何もしないでお持ちいただいた」という事です。

シミは時間が経つにつれてどんどん取れにくくなってしまいます。また、間違った手順でシミ抜きを行うと、非常に取れにくいシミになってしまうという事実もあります。

今回はその2点が全てクリアされていました。ですので・・・

なんの問題もなく、すっきり綺麗にすることが出来たわけです。

付いてすぐお持ちいただくということは難しいかもしれません。ですが、できるだけ早めに、そして大切な衣類でしたら是非弄らずそのままお持ちください。

正しい手順でしっかりとシミ抜きをさせて頂きますよ。

些細なことでも、衣類でお困りでしたら私たち信越長染会のメンバーにご相談くださいね。

 

投稿者プロフィール

(有)クリーニング黒岩 近藤 義之
長野県須坂市のクリーニング店5代目として、日々様々な衣類のシミと向き合っております。
ちがいのわかるクリーニングを目指し、どの様な衣類のシミも、すべて同様に全力を尽くさせて頂きます。
洋服、和服、お気軽にご相談ください。
The following two tabs change content below.

(有)クリーニング黒岩 近藤 義之

長野県須坂市のクリーニング店5代目として、日々様々な衣類のシミと向き合っております。 ちがいのわかるクリーニングを目指し、どの様な衣類のシミも、すべて同様に全力を尽くさせて頂きます。 洋服、和服、お気軽にご相談ください。

最新記事 by (有)クリーニング黒岩 近藤 義之 (全て見る)

2019-07-08 | Posted in 洋服についたシミ, コーヒーのシミComments Closed 

関連記事