toggle
2020-07-22

洗濯機でボールペンと一緒に洗ってしまった事例

今回はインクのシミ抜きです。

洗濯物の中にボールペンが入っていて
一緒に洗ってしまったという事例です。

パッと見たところ、インクのシミ自体の
大きさは大したことはなさそうに見えますが
実は、インクのシミって、ものすごく
量が付いているケースが多いのです。

 

↑こちらの画像は、インクのシミ抜きが
終わった後の水の色です。
これだけでも、相当な量になっているのが
わかるんではないでしょうか?

 

ご自身でいじりたい気持ちはわからなくは
ないのですが、サッとついてしまった
ものでも、出来るだけ何もしないで
お持ちいただけると、成功率もグッと
上がります。

こんな時もお近くの信越長染会のお店にご相談ください。

投稿者プロフィール

㈱ファッションケアー明和 小池 正樹
衣類のシミやトラブルを解決しながら、可能な限り元の状態に復元することを信条とし、自身のクリーニングの知識や体験を踏まえ、お客様のみならず同業他社からも依頼がある。
全国で80人ほどしかいない京技術修染会の修復師の資格を持ち、また全国で10人ほどしかいない京技術修染会の認定講師試験に合格し長野県では初の資格取得者。
The following two tabs change content below.

㈱ファッションケアー明和 小池 正樹

衣類のシミやトラブルを解決しながら、可能な限り元の状態に復元することを信条とし、自身のクリーニングの知識や体験を踏まえ、お客様のみならず同業他社からも依頼がある。 全国で80人ほどしかいない京技術修染会の修復師の資格を持ち、また全国で10人ほどしかいない京技術修染会の認定講師試験に合格し長野県では初の資格取得者。

最新記事 by ㈱ファッションケアー明和 小池 正樹 (全て見る)

関連記事