ロッサ(Rossa)のロングチョッキがカビてしまいました。

IMG_0898

 

今回の事例は、婦人服ブティックのオーナー様からのご紹介ということで、ブティックのお客様よりシミ抜きご依頼を承りました。

刺繍やレースなどを使用した高級素材、繊細なデザインが特徴の婦人服ブランド「ロッサ(Rossa)」。衣替えで一年ぶりに出したところ、全体的に黄ばみや変色があり、所々濃いオレンジ色に変色していたそうです。

様々な溶剤でテストを繰り返し確認したところ、赤いカビが繁殖しているようです。もともと昨年の衣替え時にしっかりと汚れが落ち切らず、一年間保管されたことにより、ジメジメとした時期ですので、菌が繁殖し変色してしまったようです。

刺繍を傷つけないようカビ処理を丁寧に行いながら、再度変色しないよう全体的にウェット(特殊水洗い)を行いました。

IMG_0896

納品後、お客様、ご紹介いただいたブティックのオーナー様より、驚きと感謝のお言葉をいただきまして、クリーニング屋冥利につきます。

信越長染会は、お洋服の高級店などからも高い信頼をいただいているシミ抜きのプロフェショナル集団。お客様の困ったに全力を尽くします。お気軽にご相談ください。

今回の投稿は、長野県茅野市“クリーニング屋のふみっとくん”こと、小池ドライクリーニングの小池文人(こいけふみと)が担当させていただきました。

(全体漂白2.000円+カビシミ抜き1.500円)

 

 

The following two tabs change content below.
小池ドライクリーニング 小池 文人
一点一点心を込めて仕上げます。復元加工、復元仕上げ、アクアクリーニング、お直し、衣類のトータルケアのお手伝い。愛称は「茅野のクリーニング屋フミットくん」
2015-07-10 | Posted in 黄ばみ・変色のシミ, 洋服についたシミ, カビComments Closed 

関連記事