ゆかたについていた黄色いシミ

男性用の絞りのゆかたです。
8月、夏祭りに着ようとタンスから出したら黄色いシミが。前身頃のとても目立つところなのでこれじゃ着られないとお持ちになられました。
image

年に1回着るか着ないかですが、年に1回だからこそ、この時期しか着られないからキレイにして欲しいと言われ早急に対処しました。
ゆかたの色、絞りの部分が変わらないよう長染会独自のイエローホワイトニング加工で黄ばみを落としました。
その後、全体を洗い仕上げてお引き渡しいたしました。
image

image

夏物は、一度でも着たら汗などかいて汚れが付着しています。そのまましまってしまうと時間の経過とともにシミが浮き出てきてしまうことが結構あります。
おしまいになる前にクリーニングすることでまた翌年も心地よく着ることができます。

まだまだ暑い日が続いてますが、夏物衣料はキレイにサッパリとクリーニングすることをお勧めします。
専門的な知識が豊富な信越長染会のお店にご相談なさってください。

The following two tabs change content below.
宮川クリーニング 宮川 真一

宮川クリーニング 宮川 真一

長野市三輪にある小さなクリーニング屋さんの店主です。 『洗濯のプロ!』『しみ抜きのプロ!』であるがために専門の知識を習得し日々精進しております。すべてはお客様に喜んでいただくために。
宮川クリーニング 宮川 真一

最新記事 by 宮川クリーニング 宮川 真一 (全て見る)

2016-09-07 | Posted in 黄ばみ・変色のシミ, 黄ばみ取り, 時間の立った古いシミComments Closed 

関連記事