留袖に出来たスレの修正

今回の事例は留袖にできてしまったスレの修正事例です。

留袖、着る場面といえば、やはり親族の結婚式なのでしょうか?

紋の入った大切な留袖。ふと何かが付いた時は、慌てて拭き取ろうとしてしまいますよね。

でも、その瞬間、着物はスレてしまう事が多いのです。

20151281

なんとなく白っぽいシミ、と思われがちですが、斜めにして見てみるとはっきりと分かります。

繊維が切れてしまい、毛羽立っている状態ですね。

もちろん、シミではないので染み抜きではなく、その部分を染める作業が必要になります。

20151282

慌てて擦ってしまわずに、ハンカチで軽く押さえる程度のほうがよろしいかと思います。

それだけでも、十分シミはハンカチの方へ動いてくれますしね。

そのあと、お近くの信州長染会のメンバーのお店にご相談してみてくださいね。

 

今回の修正代 5000円(クリーニング代、税別)

 

投稿者プロフィール

(有)クリーニング黒岩 近藤 義之
(有)クリーニング黒岩 近藤 義之
長野県須坂市のクリーニング店5代目として、日々様々な衣類のシミと向き合っております。
ちがいのわかるクリーニングを目指し、どの様な衣類のシミも、すべて同様に全力を尽くさせて頂きます。
洋服、和服、お気軽にご相談ください。
The following two tabs change content below.
(有)クリーニング黒岩 近藤 義之

(有)クリーニング黒岩 近藤 義之

長野県須坂市のクリーニング店5代目として、日々様々な衣類のシミと向き合っております。 ちがいのわかるクリーニングを目指し、どの様な衣類のシミも、すべて同様に全力を尽くさせて頂きます。 洋服、和服、お気軽にご相談ください。
(有)クリーニング黒岩 近藤 義之

最新記事 by (有)クリーニング黒岩 近藤 義之 (全て見る)

2015-01-28 | Posted in 着物についたシミ, スレによる白化Comments Closed 

関連記事