ジャケットの袖についたワインのシミ

今回はジャケットに付いたワインの染み抜き事例です。

この信州長染会の事例に何回も出ているであろう、ワインの染み抜きです。

何回も書く理由。それはやはり困っている方が多いからであり、ワインのシミは綺麗に取れるということを知ってほしいからです。

20153261

袖に付いたワインのシミ。クリーニングと同時に染み抜きもお願いしますとのことでした。

ワインを飲まれている。もちろん多少は酔われているでしょうし、楽しい気分ではないかと思います。

そんな時、大切な衣類にワインが付いてしまった。せっかくの楽しい気分が台無しになってしまいますよね。

ですが、安心してください。そのような時のために、信州長染会のメンバーは日々研鑽を積んでいます。

20153262

染み抜き後です。この後、全体をプレスして完了です。

せっかくの美味しいお酒、楽しく飲んで頂くためにも、衣類で困ったときは信州長染会の事を覚えておいてくださいね。

 

 

投稿者プロフィール

(有)クリーニング黒岩 近藤 義之
(有)クリーニング黒岩 近藤 義之
長野県須坂市のクリーニング店5代目として、日々様々な衣類のシミと向き合っております。
ちがいのわかるクリーニングを目指し、どの様な衣類のシミも、すべて同様に全力を尽くさせて頂きます。
洋服、和服、お気軽にご相談ください。
The following two tabs change content below.
(有)クリーニング黒岩 近藤 義之

(有)クリーニング黒岩 近藤 義之

長野県須坂市のクリーニング店5代目として、日々様々な衣類のシミと向き合っております。 ちがいのわかるクリーニングを目指し、どの様な衣類のシミも、すべて同様に全力を尽くさせて頂きます。 洋服、和服、お気軽にご相談ください。
(有)クリーニング黒岩 近藤 義之

最新記事 by (有)クリーニング黒岩 近藤 義之 (全て見る)

2015-03-27 | Posted in ワイン・インク等のシミ, 洋服についたシミ, 赤ワインのシミComments Closed 

関連記事