ストール(ブランド品)に付いていた黄色いシミ

メーカーは忘れましたがイタリー製のシルクのストールです。
この大きなシミ目立ちますよね。しかもシミの輪郭がくっきりしていてかなり時間が経過したものと思われます。

image

何のシミか不明の時はシミ抜きの手順を踏んでの作業になります。金色のラメのラインも注意しなくてはなりません。

image

やはり簡単には落ちないシミでした。
シルク素材で生地も薄いし染色も弱そうなので負担のかからな程度の薬剤からのシミ抜きです。そして少しずつ強めに。これ以上やると損傷が恐れがありシミも多少残ったため最後は染色補正で仕上げです。

image

image

ご覧のような素材や生地の耐久性、染色の弱いものはシミ抜きするにもなかなか厄介です。リスクを最小限に抑えて復元することは可能です。信越長染会加盟店ではお客様のために信頼される仕事をしています。このような事例でも何でもお困りのことがありましたらご相談なさってください。
本日の投稿は長野市の宮川でした。

投稿者プロフィール

宮川クリーニング 宮川 真一
長野市三輪にある小さなクリーニング屋さんの店主です。
『洗濯のプロ!』『しみ抜きのプロ!』であるがために専門の知識を習得し日々精進しております。すべてはお客様に喜んでいただくために。
The following two tabs change content below.

宮川クリーニング 宮川 真一

長野市三輪にある小さなクリーニング屋さんの店主です。 『洗濯のプロ!』『しみ抜きのプロ!』であるがために専門の知識を習得し日々精進しております。すべてはお客様に喜んでいただくために。

最新記事 by 宮川クリーニング 宮川 真一 (全て見る)

2016-05-17 | Posted in ブランド, 黄ばみ・変色のシミ, 食べ物のシミ, 色修正Comments Closed 

関連記事