日焼けによる修正

</

綿のセーターの中央が畳んで置いたみたいに筋に脱色してしまったと。(写真をよくご覧になってください)
ご自分では記憶にないみたいで、原因についていろいろとお話ししていると、買ったお店で日光による脱色が起きていたらしいとお客様はおっしゃっておられましたが、とにかく修正してほしいとのご要望で作業しました。

</

素材が綿なのでそれなりの染料を使うわけですが、最初から黒をかければいいのでは?と思いがちですが、そこは抜けた色、残った色との兼ね合いで色をかけていきます。最後に濃くならない程度に黒をかけて終了です。

今回の事例は、割とありがちな事例です。陽だけではなく、照明の明かりでも変色、脱色になることもあります。保管にも注意が必要ですね。でも、そうなっても信越長染会のお店では修正、復元は可能です。
何なりとご相談なさってください。

</

The following two tabs change content below.
宮川クリーニング 宮川 真一

宮川クリーニング 宮川 真一

長野市三輪にある小さなクリーニング屋さんの店主です。 『洗濯のプロ!』『しみ抜きのプロ!』であるがために専門の知識を習得し日々精進しております。すべてはお客様に喜んでいただくために。
2017-04-28 | Posted in 日光によるヤケ, 色修正, 補色Comments Closed 

関連記事