綿ズボンのヤニ汚れ

こんにちは!新潟市より㈱ウメザワドライの梅澤が担当いたします。

8月も終わりに近づき、暑さも少しづつ和らいでくるでしょうか、

汗を含んだ衣類はしっかりとケアをして、トラブルを回避しましょうね。

 

今日の事例は保管中のトラブル、クローゼットから出してみたら全体が

驚くほど黄ばんでいたという綿ズボンです。

ウェストから股上の画像ですが、裾までかなりの重症です。

お客様からはヤニ汚れとのことでしたので、お部屋の環境は承知されて

いるようです。

閉め切っていても隙間から汚染された空気が収納スペースにも

入り込みますので、お部屋を換気する際はタンスやクローゼットも

開放して空気の入れ替えをしましょうね。

なかなかの頑固者でしたが、刺繍などを十分にケアしつつ

さっぱりとキレイに復元することができました。

きちんと片付けているつもりでも思いのほか空気は汚れています。

今回の事例以外にも様々なトラブルの要因になりますので、

日頃から気を付けましょう。

お困りの際は信越長染会加盟店まで、お気軽にご相談ください。

 

投稿者プロフィール

㈱ウメザワドライ 梅澤将志
新潟市全域で展開しております。
お客様の喜ぶ笑顔を思い浮かべ、
大切なお召し物がいつまでも皆さまを輝かせるように、
心を込めた仕事をお届けします。
The following two tabs change content below.

㈱ウメザワドライ 梅澤将志

新潟市全域で展開しております。 お客様の喜ぶ笑顔を思い浮かべ、 大切なお召し物がいつまでも皆さまを輝かせるように、 心を込めた仕事をお届けします。

最新記事 by ㈱ウメザワドライ 梅澤将志 (全て見る)

関連記事