キャップ(帽子)の汗や日焼けによる変色・脱色・退色 その1

帽子って、なかなかピンとくるものに出会えないんですよね。
お気に入りのブランド、つばの形、つばの大きさ、かぶった深さ、生地の固さ、デザインや色はもちろん、鏡に映った自分の雰囲気…

やっと出会えたお気に入りの帽子

大切にしますよね。
でも、着用によって生地は変化してしまいます。
汗や日に焼けることによって生地が退色・脱色・変色してしまったりします。

「もしお直し頂けるなら…」

そんな想いで信越長染会の過去の事例(キャップ(帽子) 汗・日焼けによる脱色、退色、色あせ Supreme スヌーピーキャップ)をご覧いただいて、大阪のTさまから大事にされている2点の帽子をご依頼いただきました。
このページではそのうちの1点を掲載します。(もう1点は次のページで)

<エキスパートリメイク 前>

<エキスパートリメイク 後>

できるだけ形を崩すことのないように洗浄し、できるだけ元の色に近づけるように復元しました。
これでまた気持ちよく身に着けていただけます。

お預かりしましたもう1点の帽子とTさまのお返事は次のページ(キャップ(帽子)の汗や日焼けによる変色・脱色・退色 その2)に掲載します。

同じような状態でお困りでしたら、お気軽に信越長染会のお店へご相談ください。

 

 

投稿者プロフィール

(資)幸村クリーニング店 幸村 康弘
長野県の山の中にある当店ですが、北は北海道から南は沖縄県、もちろん東京や大阪からもシミ抜きの依頼を受けています。汗で脱色したルイジボレリのネクタイ、赤ワインをこぼしてしまったD&Gの麻のジャケット、カビてしまったかけがえのない横断幕等々。帽子やキャップのエキスパートリメイクの対応は、累計で100点を超えてお客さまに喜んでいただいています。
京技術修染会認定「修復師」として知識と経験と思いやりで、お客さまの「困った」「何とかしてほしい」という気持ちに全力でにお応えします。
The following two tabs change content below.
長野県の山の中にある当店ですが、北は北海道から南は沖縄県、もちろん東京や大阪からもシミ抜きの依頼を受けています。汗で脱色したルイジボレリのネクタイ、赤ワインをこぼしてしまったD&Gの麻のジャケット、カビてしまったかけがえのない横断幕等々。帽子やキャップのエキスパートリメイクの対応は、累計で100点を超えてお客さまに喜んでいただいています。 京技術修染会認定「修復師」として知識と経験と思いやりで、お客さまの「困った」「何とかしてほしい」という気持ちに全力でにお応えします。

最新記事 by (資)幸村クリーニング店 幸村 康弘 (全て見る)

関連記事