Burberryのジャケット 襟の黄ばみと全体漂白

めっきり涼しくなりました今日この頃。少しづつですが衣服も秋物に変わりつつあります。

今回は、これから着るジャケットの気になる襟の黄ばみと全体が汚れや黄ばみになってしまった復元処理の事例です。

春頃に活躍したBurberryのジャケット。一度クリーニングに出されてしまっておいたそうですが、何か汚れが落ちていない、特に襟の汚れが気になってしょうがないとお持ちになられました。
よく見ると、所々黄ばんでいて、襟は汚れや黄ばみがほとんど残っていました。
素材は、綿、ウールの混紡です。おそらくドライクリーニングしかしていないのでキレイにはならなかったのでしょう。襟の黄ばみはシミ抜きでの処理を施し、全体はwマークウェット処理でそこに漂白剤などを投入した特殊な洗いで行いました。

漬け込んだ汚水は茶色になり、汗などの汚れが一気に出た感じでした。
これだけ残留していると衣類に悪影響を与えてしまいます。最初に襟の黄ばみも復元処理でやっておいたおかげでキレイになりました。所々の黄ばみもきれいに復元することができお客様も喜んでおられました。

信越長染会加盟店では、洗い方、シミ抜きの仕方など細かく説明して作業させていただいてます。
ちょっとしたことでもいいですので何なりとご相談ください。

投稿者プロフィール

宮川クリーニング 宮川 真一
宮川クリーニング 宮川 真一
長野市三輪にある小さなクリーニング屋さんの店主です。
『洗濯のプロ!』『しみ抜きのプロ!』であるがために専門の知識を習得し日々精進しております。すべてはお客様に喜んでいただくために。
The following two tabs change content below.
宮川クリーニング 宮川 真一

宮川クリーニング 宮川 真一

長野市三輪にある小さなクリーニング屋さんの店主です。 『洗濯のプロ!』『しみ抜きのプロ!』であるがために専門の知識を習得し日々精進しております。すべてはお客様に喜んでいただくために。
宮川クリーニング 宮川 真一

最新記事 by 宮川クリーニング 宮川 真一 (全て見る)

関連記事