アルマーニ革ジャンパーのボーダーラインからのにじみ

毎度ご覧いただきありがとうございます。

2月も後半に入りましたがまだまだ吹雪で真っ白の新潟からお送りします。

さて今回の事例はアルマーニの革ジャンパーのニット部分のボーダーラインからのにじみです。

少し汚れてしまったのでご自分で水をつけてこすったところ

ボーダーラインから色が滲み出てきたそうです。

さてどうしたものかとテストしたところ

出る出る Σ(@ω@;)

色が止まらない!

これは色を落としながら色を止める矛盾した技術が必要です。

がしか〜し信越長染会はこういった技術についてもしっかり勉強しているのでご安心ください(笑)

多少にじみが残ったもののこれ以上するとボーダーの色が薄くなってしまうのでここまで!

でも違和感のないくらいにまで修復できているかと思います。

このような難しいシミも信越長染会に安心してご相談下さい。

投稿者プロフィール

クリーニングショップ ラヴァージュ 梶原 謙一
はじめまして、クリーニングショップ ラヴァージュ店長の梶原です。

お客さまの心に残るクリーニングを提供したいと思っております。

よろしくお願い致します。
The following two tabs change content below.

クリーニングショップ ラヴァージュ 梶原 謙一

はじめまして、クリーニングショップ ラヴァージュ店長の梶原です。 お客さまの心に残るクリーニングを提供したいと思っております。 よろしくお願い致します。

最新記事 by クリーニングショップ ラヴァージュ 梶原 謙一 (全て見る)

2018-02-19 | Posted in 色移り・移染のシミ, 洋服についたシミ, 移染(色移り)のシミComments Closed 

関連記事