ジャケットの目立つ茶色いしみ

今日も信越長染会のブログをご覧いただきありがとうございます。

今回の事例はオフホワイトのジャケットの茶色いしみのしみ抜きです、前身頃についているので目立ってしまいます。

しみがついてから時間が経過するほど繊維を侵してしまい、しみをとるために大掛かりな手術が必要となるので気が付いたらお早めにご用命ください。

手順通りにしみ抜きの行程を進めます。

なるべく地色を傷めないようにしみ抜きを行いますが、しみの周りの地色がどうしても最低限抜けてしまうこともあります。

でもご心配は無用です、色を補ってあげることにより↓下の写真のように白っぽくなってしまった部分もしみも目立たなくなりました。

 

これで何もなかったかのようにまた気持ちよくご着用いただけます。

夏物をしまう際に、しみ等が付いたままになっていないかチェックしてみてください。

投稿者プロフィール

クリーニング タケウチ 竹内 義人
クリーニング タケウチ 竹内 義人
1965年より長野市上松にて営業、現在三代目。
洗いあがりの良さと、着ごこちの良さを追求して、をテーマに頑張っています。
長野市北部を中心に集配いたします。
The following two tabs change content below.
クリーニング タケウチ 竹内 義人

クリーニング タケウチ 竹内 義人

1965年より長野市上松にて営業、現在三代目。 洗いあがりの良さと、着ごこちの良さを追求して、をテーマに頑張っています。 長野市北部を中心に集配いたします。
クリーニング タケウチ 竹内 義人

最新記事 by クリーニング タケウチ 竹内 義人 (全て見る)

2018-10-19 | Posted in 黄ばみ・変色のシミ, 黄ばみ取り, 色抜けの補色Comments Closed 

関連記事