toggle
2019-05-10

麻50%コットン50% レディースジャケット 襟の黄ばみ取り

いつも信越長染会ブログをご覧いただきありがとうございます。

 

今日5月10日は、綿が夏物素材と適した素材でこの5月が店頭販売の最盛期を迎える事と、語呂合わせからコットンの日だそうです。

 

そこで今回の事例は、麻コットン各50% 素材 レディースジャケットの襟の黄ばみ取りをご紹介します。

 

↓先ずは最初の状態です。

こちらは

 

かなり着てからのご依頼でした。

この状態までくると、皮脂汚れ、時間の経過による汚れの蓄積、酸化などから通常のクリーニングではほぼ落ちません。

 

放って置くと生地そのものの色まで失くなってしまいます。

早く処置しなくてはいけません。

ですので、病気に例えると入院が必要なところですね。

 

しかしながら…

この素材の色は、強いアルカリ薬品、漂白剤などを使用すると簡単に生地の色が薄くなってしまいます。そこを考慮して慎重に、皮脂汚れ、黄ばみの漂白などを丁寧に手術を進めていきます。

 

 

すると↓

 

このように、違和感なく綺麗に復元できます。

並べて見るとその違いは一目瞭然です。

 

これから初夏に向け、また着用の機会も増えていきます。

綺麗なジャケットでお出かけしていきたいですよね!

 

そんな時、信越長染会加盟店に、綺麗にするお手伝いをさせていただけたらと思います。

ぜひご利用ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

投稿者プロフィール

(株)柏崎ドライ 澤田 篤
(株)柏崎ドライ 澤田 篤
新潟県村上市で昭和45年から創業。丁寧な仕事を心がけ営業し現在に至る。
お客様からの衣類のお悩みに、あらゆる技術で誠意を持ってお応えします。
洗い、染み抜きには特に力を入れ、本当に綺麗なクリーニングを目指し、更なる技術向上のため日々努力をさせて頂いてます。

この他、靴・カバンなどの革製品のメンテナンスも取り扱っております。
The following two tabs change content below.
(株)柏崎ドライ 澤田 篤

(株)柏崎ドライ 澤田 篤

新潟県村上市で昭和45年から創業。丁寧な仕事を心がけ営業し現在に至る。 お客様からの衣類のお悩みに、あらゆる技術で誠意を持ってお応えします。 洗い、染み抜きには特に力を入れ、本当に綺麗なクリーニングを目指し、更なる技術向上のため日々努力をさせて頂いてます。 この他、靴・カバンなどの革製品のメンテナンスも取り扱っております。
(株)柏崎ドライ 澤田 篤

最新記事 by (株)柏崎ドライ 澤田 篤 (全て見る)

関連記事