麻の作務衣に溶けたプラスチック

こんにちは、台風が近付くと暑さに参る新潟の梅澤です。

今日はアイロンにハサミの柄が触れていて、溶けて

くっ付いてしまったままアイロンがけをしてしまい

麻100%の作務衣に付いてしまったという事例です。

溶けて繊維の隙間まで入り込んでしまうと、容易には

進められません。

麻は染料の堅牢度が弱いので、慎重に作業を進めても

やはり若干白っぽくなってしまいます。

じつは先に少々弄られていたので、なおさら色が薄く

なってしまったようです。

しかし慌てず騒がず、だんだんと生地色に近づけていき

わからないレベルまで近づけて定着させます。

いかがでしょう?

お困りの衣類がありましたら、信越長染会の手技を

一度お試しください。

ご連絡お待ちしております。

投稿者プロフィール

㈱ウメザワドライ 梅澤将志
㈱ウメザワドライ 梅澤将志
新潟市全域で展開しております。
お客様の喜ぶ笑顔を思い浮かべ、
大切なお召し物がいつまでも皆さまを輝かせるように、
心を込めた仕事をお届けします。
The following two tabs change content below.
㈱ウメザワドライ 梅澤将志

㈱ウメザワドライ 梅澤将志

新潟市全域で展開しております。 お客様の喜ぶ笑顔を思い浮かべ、 大切なお召し物がいつまでも皆さまを輝かせるように、 心を込めた仕事をお届けします。
㈱ウメザワドライ 梅澤将志

最新記事 by ㈱ウメザワドライ 梅澤将志 (全て見る)

関連記事