toggle
2018-08-21

何がついいたのかわからない不明なシミ

今回は、何がついたのかわからない不明なシミです。

食べこぼしのシミで、お客様自身で頑張ってやってみたのですが
結果として落ちなかったということで、持ち込まれました。

beforeの画像を見ていただければわかるとおもいますが
かなり頑張ってしまって、周りが白っぽくなっています。

シミは落ちないけど、色は落ちる…

よくあるパターンですよね(^_^;)

こうなる前に、一度、ご相談ください。

シミを落とすにも、手順や最適な薬品などがあり
それを順序よく使用することで、しみ抜きしていきます。

ただ、ヤミクモにこすったり叩いたりするのは
シミも落ちなければ、生地を痛めつけている
状態になってしまいます。

しみ抜き後、色修正作業を施し、周りの使用感に合わせて
色修正して復元しました。

こういった事例でも、お近くの信越長染会のお店にご相談ください。

投稿者プロフィール

㈱ファッションケアー明和 小池 正樹
衣類のシミやトラブルを解決しながら、可能な限り元の状態に復元することを信条とし、自身のクリーニングの知識や体験を踏まえ、お客様のみならず同業他社からも依頼がある。
全国で80人ほどしかいない京技術修染会の修復師の資格を持ち、また全国で10人ほどしかいない京技術修染会の認定講師試験に合格し長野県では初の資格取得者。
The following two tabs change content below.

㈱ファッションケアー明和 小池 正樹

衣類のシミやトラブルを解決しながら、可能な限り元の状態に復元することを信条とし、自身のクリーニングの知識や体験を踏まえ、お客様のみならず同業他社からも依頼がある。 全国で80人ほどしかいない京技術修染会の修復師の資格を持ち、また全国で10人ほどしかいない京技術修染会の認定講師試験に合格し長野県では初の資格取得者。

最新記事 by ㈱ファッションケアー明和 小池 正樹 (全て見る)

関連記事