toggle
2020-10-23

他店で落ちなかったボールペンのシミ

今回は他店で落ちなかったボールペンのシミです。

ボールペンと一緒に洗ってしまうケースはよくあり
このような事例は何件もやってきました。

その中で、できるだけいじらないで持ってきてください
とたびたびお願いしているのには、理由があります。

油性ボールペンの場合、油性インク染料+溶剤+樹脂
などでできています。

この状態のままであれば、まとめてそれを取り除く方法で
除去は可能です。

が、この中の成分のどれかが取れてしまうと
逆に繊維に固着してしまい、それを取り除くのが
非常に大変になってしまうからです。

大変になる=洋服にダメージを与える
となってしまいます。

今回のケースも、他店で処理したあと、一部成分が
なくなっていたため、非常に落としにくいシミへと
変化してしまっていました。

ですから、シミが付いた場合、最初にお持ちいただければ
そこまでダメージを与えずに除去できます。

このような状態でお困りの際も、お近くの信越長染会にご相談ください。

 

投稿者プロフィール

㈱ファッションケアー明和 小池 正樹
衣類のシミやトラブルを解決しながら、可能な限り元の状態に復元することを信条とし、自身のクリーニングの知識や体験を踏まえ、お客様のみならず同業他社からも依頼がある。
全国で80人ほどしかいない京技術修染会の修復師の資格を持ち、また全国で10人ほどしかいない京技術修染会の認定講師試験に合格し長野県では初の資格取得者。
The following two tabs change content below.

㈱ファッションケアー明和 小池 正樹

衣類のシミやトラブルを解決しながら、可能な限り元の状態に復元することを信条とし、自身のクリーニングの知識や体験を踏まえ、お客様のみならず同業他社からも依頼がある。 全国で80人ほどしかいない京技術修染会の修復師の資格を持ち、また全国で10人ほどしかいない京技術修染会の認定講師試験に合格し長野県では初の資格取得者。

最新記事 by ㈱ファッションケアー明和 小池 正樹 (全て見る)

関連記事